ヒトの体のコラーゲンの量は20歳くらいでピークを迎え…。

お肌の乾燥、シワ、肌荒れ等の肌トラブルで苦労しているなら、化粧水は中断することをお勧めします。

「化粧水を省略すると、肌の水分が少なくなる」「化粧水が乾燥肌を緩和してくれる」といったことは単なる思いすごしです。

もちろん肌は水分オンリーでは、適切に保湿を保つことができません。

水分を貯蔵し、潤いを持続させる天然の保湿剤の「セラミド」を毎日のスキンケアに用いるという手も早く効果が得られます。

ヒトの体のコラーゲンの量は20歳くらいでピークを迎え、年々下がっていき、60歳を過ぎると75%位にダウンします。

歳を重ねる毎に、質も下がっていくことが明確になってきています。

「自身の肌に求められるものは何か?」

「それをどんなアプローチで補充した方がいいのか?」

等について考えを練ることは、具体的に必要と思われる保湿剤を購入する際に、大きな意味を持つと考えます。

美容液っていうのは、肌の乾燥を抑制し、保湿成分を補完する意味合いがあります。

肌が求める潤いを与える成分を角質層に送り、はたまた飛んでいかないように抑えこむ大事な機能があります。

無造作に顔を洗うと、洗顔のたびにお肌にある潤いを排除し、著しく乾燥してキメが粗くなりザラザラ肌になってしまうことも。

顔を丁寧に洗った後はすぐに保湿対策をして、肌の潤いをしっかり継続させてください。

ヒアルロン酸は皮膚や軟骨、関節液、目などに存在し、ヒトの体内でたくさんの機能を担っています。

実際は細胞同士の間にふんだんに含まれ、物理的刺激から細胞をガードする役目を引き受けてくれています。

セラミドというものは、表皮における角質層に内在している保湿成分であることから、セラミドが入った美容液あるいは化粧水は、素晴らしい保湿効果が得られるみたいです。

いつも徹底的にスキンケアに注力しているのに、変わらないという話を耳にします。

そういった方は、正しいとは言えない方法で日々のスキンケアを行っていることも想定されます。

現在ではナノ化が実施され、超微細なサイズとなったセラミドが売りに出されていますから、より一層吸収性にウエイトを置きたいというなら、そういうものを探してみてください。

温度のみならず湿度も低くなる冬という季節は、肌の健康には特に厳しい時期になります。

「丁寧にスキンケアを行っても潤いが維持できない」「肌がザラつく」等と気になるようになったら、早急にスキンケアの方法を見直すべきです。

自分の肌質を取り違えていたり、誤ったスキンケアにより引き起こされる肌状態の深刻化や肌荒れ等の肌トラブル。

肌のためにいいと信じて実践していることが、かえって肌に悪い影響を与えている可能性も考えられます。

肌の質については、とりまいている環境やスキンケアのやり方によって変わってしまうケースも見受けられますから、慢心することは厳禁です。

気を抜いてスキンケアを簡単に済ませたり、不規則になった生活をするなどは控えましょう。

皮膚内部で活性酸素が生成されると、コラーゲンの産生を抑止してしまうので、ほんのちょっとでも紫外線を受けただけで、コラーゲンを製造する能力はダウンしてしまうことが研究でも明らかです。

間違いなく皮膚からは、後から後から各種の潤い成分が生成されているのではありますが、お湯の温度が高くなるほどに、その潤い成分である肌にとって重要なものが落ちやすくなるのです。

ですので、ぬるいお湯に浸かった方がいいです。


関連記事


おすすめ記事